ウォーターサーバーでお腹を壊した時の確認ポイント

subpage01

ウォーターサーバーの水は清潔な環境でボトル詰めされているものであるため、水道水などと比べればはるかに安全性に優れた水であると言えます。

しかしながら安全な水であるにもかかわらず、飲んだことでお腹を壊してしまったという人はそれなりにいるものです。


ではどうしてそういったことが起きてしまうのか、その原因は何か、ここでチェックするべきとなるのは水の硬度です。



水は1リットルの中に含まれるカルシウムとマグネシウムの量が120mgを超える場合には硬水に分類されるようになっています。
ミネラルの味が感じられるためにミネラルウォーターとしては人気が高い水ですから、ウォーターサーバーの水も硬水を選んでいるという人は多いのですが、日本人と言うのは普段軟水を飲んでいるのです。
ミネラル分が少ない水を飲んでいた人が、ある日急に硬水を飲むということになると体が上手く対応できなくなってしまい、お腹を壊すということがあるのです。



実際ヨーロッパ地方などの海外旅行の際に水を飲んで当たってしまったという人がいますが、これもかなりの割合で硬水であることが原因となっています。


もちろん硬水であるから全員お腹を壊すというわけではありません。

今年、最も指示を集めた教えて!gooの優良サイトならこちらで見つかります。

ただ傾向的に硬水を飲むとお腹を壊してしまうという人がいるというのは事実となっているのですから、もしウォーターサーバーの水でお腹を壊してしまった場合には水の硬度を確かめて、もし硬水であったのならば次からは軟水を買うか、少しずつ硬水を飲んで体を慣らしていくと良いでしょう。